Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人

【AAA活動休止】Twitterなどメンバーコメント一覧【まとめ】

2019年1月15日、活動休止を発表したAAA(トリプルエー)の各メンバー個人アカウント(ツイッター,インスタ,ブログ,オフィシャルサイト)での公式コメントの投稿をまとめました。

AAAのメンバーは全員がTwitterやInstagram、ブログの公式アカウントを所持しているわけではありません。

AAA5人のメンバー(西島隆弘、宇野実彩子、日高光啓、與真司郎、末吉秀太)がそれぞれどのSNSアカウントやメディアで、活動休止に関する公式コメントを発表したのか、わかりやすくまとめました。

【AAA活動休止】公式コメント一覧(まとめ)

AAAの活動休止の発表は、2020年1月15日深夜にオフィシャルサイト(公式HP)であるhttps://avex.jp/aaa/で、『【重要なお知らせ】「AAA」に関するお知らせ』と所属するエイベックスマネジメント株式会社の名前で掲載され、5人のメンバー全員のコメントも掲載されています。

引用:https://avex.jp/aaa/

その他に、各メンバーが個人で持つSNSアカウント(Twitter,Instagram)、ブログなどでもコメントを投稿しているので、まとめてご紹介します。

AAA西島隆弘(nissy)の活動休止コメント

西島隆弘さん(nissy)自身が利用しているSNSアカウント(Instagram,Twitter)やブログはありません。

ソロ活動のnissy名義のスタッフ公式Twitterアカウントには、【AAAから大切なお知らせ】として、オフィシャルページに導くツイートが投稿されています。

そのため、西島隆弘さんからのコメントはオフィシャルサイトのみでの発表です。

コメントはこちら。

AAA宇野実彩子の活動休止コメント(Twitter、Instagram)

宇野実彩子さんはTwitterとInstagramのアカウントがあります。

Twitterでは字数制限があるためか、冒頭のみ掲載してInstagramに全文を掲載しています。

Instagramに投稿したコメントは、オフィシャルサイトでのコメントと同文です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

⁣. ⁣ AAAファンの皆さま、⁣ いつも温かい応援を本当にありがとうございます。⁣ ⁣ この度、私たちAAAは2020年12月31日をもって⁣ グループ活動を一度休止することになりました。⁣ ⁣ 突然のことで驚かせてしまって、⁣ 寂しい思いをさせてしまって、ごめんなさい。⁣ ⁣ グループの今後について、個人の将来について、⁣ それぞれに様々な目標や願いがある中で、⁣ 何年も前から話し合いを重ねて、⁣ みんなで辿り着いた決断です。⁣ ⁣ 解散ではありません。⁣ ⁣ 再び皆さんと過ごせるAAAの未来に向けて、⁣ AAA宇野実彩子として、⁣ これからも音楽と共に努力して成長したいと思います!!⁣ ⁣ デビューして15年、⁣ 運命だと思う仲間と音楽を作ってLIVEができて、⁣ 支えてくれるファンの皆さん1人1人の存在を感じて、⁣ 私は夢のような幸せを知りました。⁣ ⁣ 時に不安や焦りを感じて悩むこともあります。⁣ ⁣ でもそんな時は、⁣ ファンの皆さんから届くエールが私の背中を押して、⁣ 何より頑張れるパワーになっています。⁣ ⁣ 本当にいつもありがとう。⁣ ⁣ 出逢えたメンバーと、⁣ 大切なファンの皆さんと築いた絆は、⁣ これからもどうしても守りたいと思っています。⁣ ⁣ AAA15周年を迎える今年、⁣ あらためて私たちの音楽とLIVEを通して、⁣ 言い尽くせない感謝の気持ちを届けさせてください。⁣ ⁣ そしてこれからも私たちAAAを、⁣ メンバーそれぞれの挑戦を応援していただけたら嬉しいです。⁣ ⁣ ⁣ 宇野実彩子

Misako Uno(AAA)(@misako_uno_aaa)がシェアした投稿 –

AAA日高光啓の活動休止コメント(Twitter、Instagram、ブログ)

日高光啓さんはTwitter、Instagramのアカウントと、アメブロオフィシャルブログがあります。

Twitterには、発表したコメントと同文のスクリーンショットを投稿しています。

インスタにも、同文を投稿しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まずは、いつも応援いただき本当にありがとうございます。 数年に渡り、幾度もの話し合いを経て、AAA は 2020 年いっぱいで一度活動を休止するこ とになりました。 15 年続いているということは、長く応援してくれている人たちにとっては、人生の一部と 呼んでいただけるものだったかもしれません。 毎年続いていたということは、最近知ってくれた方々にとっては近い未来に夢を抱いてい てくれたかもしれません。 AAA に関わる仕事を 1 年の中で中心に置いていてくださったスタッフもたくさんいます。 そういったものを一旦途切れさせてしまうというのは、本当に心苦しいです…言葉が無い です。 しかし、AAA が終わった訳ではないです。改めて今回の活動休止は、解散ではないですし、 事実上の解散でもないです。 どんな形でも、2021 年以降のいつかまた、皆さんと”AAA”としてお会いできる様に精進し て参りますので、もしよろしければ、何卒当面はメンバー個々のそれぞれの人生を応援して いただけたら心からありがたいです。 決して後ろ向きな事ではないです。が、それでも悲しく思ってしまう方は多いと思います。 僕も実際そうです。 でも、まだ、AAA はずっとそこにありますし、今まで皆さんがくれた日々の中でライヴや 音源を通して確実に僕たちがそこにいた、というのは確かですから、 遠い未来まで、今年含め 15 年間の思い出を持っていていただけたらこの上ない幸せです。 僕も、そうします。15 年間で触れられた様々な感情や出会いは、かけがえのない物ですし、 完全に僕の一部です。 AAA を愛していましたし、それはこれからも変わりません。 願わくば、同じように思っていただけている皆様が思い出と近い未来への夢を持ったまま 前向きに過ごしていただければ…と、それだけです。 メンバー、元メンバー、ファンの皆さん、スタッフの方々、 本当にありがとう、愛しています。 そして、今後とも何卒よろしくお願いいたします。 日高光啓

SKY-HI(AAA日高光啓)(@skyhidaka)がシェアした投稿 –

アメブロには、2020年1月15日現在、2019年12月15日が最後の投稿となっているため、活動休止に関する投稿はありません。

AAA與真司郎の活動休止コメント(Twitter、Instagram、ブログ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファンのみんなに伝えなくてはいけないことがあります。 本当にこのことをファンのみんなに伝えるのは申し訳ない気持ちでいっぱいです。 本当にごめんなさい。 そして、僕たちを15年間支えてくださった関係者の皆さま、急な発表になり申し訳ございません。 僕たちAAAは2020年12月31日をもって活動を休止することになりました。 AAAとして活動してきた中で、グループ活動の在り方やソロ活動の在り方、 これからの人生のこと、本当に何度も何度もみんなで話し合いをしてきました。 AAAは今年15歳になります。 なんとかみんなと一緒にこの先16歳、17歳…..と年齢を重ね、活動を続けられないのか、 メンバーみんなでたくさん考えて、たくさん悩んで、たくさん話し合ってきました。 そして出した答えが、「AAAを一旦休止させよう。」でした。 今まで、楽しい時期やもちろん苦しい時期もたくさんありました。 どんな時も僕らを支えてくれたのは、他の誰でもない、ファンのみんなの存在です。 本当に僕らに素敵な景色をたくさん見せてくれてありがとう。 いつも笑顔を見せてくれてありがとう。 本当に僕らがここまでこられたのは当たり前ではなく、 ファンのみんな、そしてスタッフさんのおかげでしかありません。 文字にすると軽くみえるかもしれないですが、ファンのみんな、スタッフさんに、本当に感謝しています。 AAAを愛してくれて本当にありがとう。 「AAAのファンはホンマにホンマに最高や!!!!!!!!」 この僕の思いは15年間、変わることはありませんでした。 だからこそ、みんなの気持ちを考えると、胸が張り裂けそうです。 でもAAAを一旦、お休みさせてください。 僕は14歳でエイベックスに入り、16歳でAAAでデビューさせてもらい、 人生の半分がAAA、そしてAAAの與真司郎でした。僕にとってAAAは僕の全てです。 與真司郎=AAAでしかありません。 だから、今はまだ活動休止後のことは、AAA以外で音楽をやることも含めて何も考えられません。 今の僕にできることは、2020年のドームツアーを全力でやること! そして変わらずに、ファンのみんなと一緒に笑顔になること。 それを目標に進んでいきます。 ファンのみんなから 「AAAはホンマに最高!」 と言ってもらえるように、僕のできること全てをドームツアーに注ぎます。 だからみんな、最高の笑顔を見せてや! そして最後に、本当にAAAメンバーに出会えたことに感謝です。 またいつか、ファンのみんなに最高のAAAを見せられますように。

Shinjiro Atae/與 真司郎 (AAA)(@shinjiroatae1126)がシェアした投稿 –

AAA末吉秀太の活動休止コメント(Twitter、Instagram、ブログ)

末吉秀太さんはTwitterとInstagramのアカウントがあります。

Twitterには、Instagramに飛ぶように、タイトルのみ掲載しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いつもAAAを応援してくださり、ありがとうございます。 いきなりの発表で驚かせてしまい、ごめんなさい。 ㅤ ㅤ AAAは、2005年にデビューしました。 デビュー前はストリートライヴをしていてお客さんも1人、2人くらいで、各地でライヴを重ねていくうちに、少しずつ僕らを応援してくれる人たちが増えていきました。 そして、これまで応援してきてくれた方1人1人にたくさんの夢を、景色を見せてもらい、 今年 2020年に15周年目を無事に迎えることができます。 ㅤ 本当にありがとうございます。 感謝しかありません。 ㅤ デビューから15年、これまでの活動の中では予想もしていなかった出来事がいくつもあり、楽しいことも辛いことも、たくさんありました。 むしろ辛さ、苦しさの方が圧倒的に多かったと思います。 それでもその先の希望に目を向け、真っ直ぐな道というわけではありませんでしたが、メンバーと共にここまで歩んできました。 ㅤ 年齢を重ねていく中でメンバー全員が改めて、自分の描く将来や価値観など、それぞれの人生に対する考えが色濃くなり 2016年頃から何度も話し合いを重ね、あらゆる選択肢があった中で、それぞれの思いを尊重した結果、今回このような報告となりました。 ㅤ デビュー前から現在まで、様々なスタッフの方々、関係者の方々にたくさんのご支援をいただけたおかげでここまで来られたことを誇らしく、光栄に思います。 ありがとうございます。 ㅤ そして僕らを拾ってくれて、ここまで育ててくれ、見守ってくれた松浦さんには感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。 松浦さんがいなかったら確実に今の僕らはありませんでした。 本当にありがとうございます。 ㅤ そして何よりもここまでAAAを応援してくれたファンの皆さんには僕が生きる意味を、 エネルギーをもらい、数々の夢を叶えさせてもらいました。 年齢、性別、応援してくれている期間の長さは関係ないです。 「興味を持ってくれた」その事実だけで僕は救われたし、ただ嬉しかった。 おかげで、あの頃は良かったとか昔に戻りたいという気持ちはこれっぽっちもなく、 自信を持って、人生でいま「現在」が 1 番楽しいと胸を張って言えます。 ㅤ そう思わせてくれたのは、紛れもなくファンのみんなでした。 よく「夢を見させてくれてありがとう」だとか「勇気をもらいました」「生きていて良かったです」なんて言ってくれるんだけど、それは僕も同じことをファンのみんなに思っています。 ㅤ 人生楽しいことばかりじゃない。 苦しさや、面倒くさいことだらけのこの世の中、日々の中で苦難があるからこそ、暗闇の中で一寸の光が希望に変わり、儚くも美しくみえることがあります。 だからこそ人生は残酷で、それでいて面白いと思える気がします。 ㅤ この先きっと、もっと辛いことや悲しみが待っていると思う。 それでもその苦難も嬉しいことも全部ひっくるめて常にその時が 1 番楽しいと思えるような人生にしたいと思っています。 ㅤ それが僕の生き方です。 ㅤ その楽しいと思える空間を、人生をこれからもみんなと一緒に更新していけたら嬉しいし、見守ってほしいという想いです。 ㅤ ㅤ AAAを支えていただき、本当にありがとうございます。 2020年、5人で精一杯駆け抜けていくので、どうか見届けてください。 ㅤ AAAは一旦活動を休止しますが、 これからもこの感謝の気持ちをしっかり結果に出して返していきたいと思います。 いつだって僕の背景にはファンのみんながいました。 そしてこれからも一緒にいられたらと願っています。 ㅤ 改めて、これからもどうぞよろしくお願いします。 僕は、自分が信じた「生き方」「道」「人たち」を曲げるつもりは一切ないです。 ㅤ ㅤ 愛してるよ。 ㅤ

Shuta Sueyoshi AAA(@shuta_sueyoshi_12.11)がシェアした投稿 –

まとめ

今年2020年に15周年を迎え、更なる期待をされていた中での突然の活動休止発表には驚きましたね。

活動休止の発表とともに、5大ドームツアー、ベストアルバム、ミュージッククリップ集(DVD)の発売も発表されました。

こちらの情報も欠かさずチェックしておきましょう!

2020年5大ドームツアー『AAA DOME TOUR2020』についてはこちら

15周年ベストアルバム『thanx AAA lot』についてはこちら